FC2ブログ

category: レジデント日誌  1/22

後期研修も終わりに近づきました

後期研修医としての期間も残すところわずかとなってきました。今年度が無事終われば、来年度には専門医試験を受けることになります。知識不足に焦る一方ですが、、リハビリ科の専門医試験には筆記と面接があるそうで、過去の先輩方の面接では試験管が「じゃあ今から失語症の患者さんを演るから診てみて」と言われ急に黙ってしまったこともあるそうです…!整形外科だけなどの分野に限らず、脳卒中の分野も幅広く経験している医師に...

  •  0
  •  -

皆さん、よく眠りましょう

漫画家の『水木しげる』の、《睡眠のチカラ》という漫画を御存知でしょうか?たった2ページではあるが、大変含蓄のある示唆に富んだ、エッセイ的な漫画です。ある出版社のパーティー会場で、水木しげるが、手塚治虫と石ノ森章太郎の二人に会って、睡眠の話をするのです。手塚と石ノ森の二人は、「最近忙しくて徹夜ばかりです」「わたしは徹夜二日目です」「ぼくなんか三日目です」などと話しているのだが、その二人に向かって水木...

  •  0
  •  -

病院訪問

回復期病院へ転院された患者さんを追いかけて、ささやま医療センターへ行かせて頂きました。黒豆や栗など秋の味覚が売られているのをグッと我慢して、患者さんの歩行や食事摂取場面、精神状態までじっくり観させて頂きました。患者さんも笑顔で迎えてくださり、退院後の生活を見据えて、医学的な管理はもちろんのこと、介護保険申請や家屋訪問、必要な動作の獲得指導など、回復期病院での個々に合わせた治療範囲の広さを感じました...

  •  0
  •  -

病気を治すだけが医者じゃない

先日、脊椎の圧迫骨折後にリハビリテーションを行い、なんとか歩けるようになった患者さんがめでたく自宅へ退院した。家で動けなくなって病院にきたら肺炎だろうとのことで入院になった。肺炎の治療は終わったものの、「歩けない、腰が痛い」で、とても家へ帰れる状態ではない。でも、内科の先生は「肺炎は治りましたよ。いつ退院しますか」と言う。整形外科では「まあ、骨折といえるかな・・・手術にはならないね。コルセットして...

  •  0
  •  -

あなたは運がいい人ですか?

かの有名な、松下幸之助は採用の最終面接の時に、『あなたは運がいい人ですか?』と聞いたそうです。そして答えが「YES」だった人だけを採用したそうです。なぜなら、運がいいと答える人は、物事をプラスに捉え、感謝を忘れない人だからだそうです。ところで、「運」の正体とは何なのでしょう?人は同じものをみても、実は同じようにみえていません。「カラーバス効果」と呼ばれるものがありますが、これは『自分が意識しているこ...

  •  0
  •  -