FC2ブログ

category: 指導医日誌  1/4

リハ学会英文誌創刊の功績!

学会誌 最新号(2020.10/Vol.57)の巻頭言は、当教室特別招聘教授の小山哲男先生です。主任教授の道免先生と一緒に、日本リハビリテーション医学会の英文誌創刊に大きく貢献されました。その様子を発信されています。リハビリテーション医学は専門医制度の基本領域のひとつ。ところが医療制度や生活文化の違いから、英語論文の発信は他領域に比べて少ないものでした。医学界では、大きな発見や進捗の公表の殆どは英語でなされます...

  •  0
  •  -

56th JARM 2019 (大会長道免教授)抄録の計量テキスト分析

No image

リハビリテーション医学会機関誌のJ-Stageサイトに、当教室 小山哲男特別招聘教授の日本語論文が早期掲載されました。→ J-STAGE [中枢神経系疾患のリハビリテーション診療の特徴 ―計量テキスト分析を用いた学会抄録の調査より―]その内容は、私たちが忘れもしない、昨年道免教授が大会長で開催されたリハビリテーション医学会学術集会(56th JARM 2021)の抄録集の「分析」です。→ J-STAGE [The Japanese Journal of Rehabilitation...

  •  0
  •  -

stay homeの過ごし方~おすすめの洋書テキスト~

stay home期間が公的には解除となっても、まだまだ以前のようには気安く外出できない日々が続くと思います。なのでレジデントのみなさまも自宅で過ごす時間は多いと思いますので、この機会に日頃読みづらい洋書のTextに取り組んでみてはいかがでしょうか。日本語のテキストだけでは、もやもや感が残ったままの疑問点も、「目からウロコ」の体験ができるかもしれません。私も最近、見直す頻度が増えました。海外のリハビリテーショ...

  •  0
  •  -

リハビリテーション医学発展のための知財発信!

No image

当教室は、リハビリテーション医学の発展のための知財発信を重視しています。とりわけ主任教授の道免先生が四半世紀に渡って取り組まれているテーマが、脳卒中のリハビリテーション診療。一連の研究成果が日本リハビリテーション医学会学会誌に掲載され、閲覧制限なく広く公開されています。日常生活動作何から回復して何が難しいか、回復の経過について、FIMを使った研究成果が手短にまとまっています。さらに最新の脳画像を使っ...

  •  0
  •  -

学会機関誌に発信:英語論文の書き方

兵庫医科大学リハビリテーション医学教室から、毎年多くの英語論文が公表されています。PubMed(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Domen-K+Hyogo)日本リハビリテーション医学会機関誌の Jpn J Rehabil Med 4月号から毎月3回連載で、その「秘訣」が連載で公開されます。医療に奉職する身にとって、一度はトライしたい英語論文。どうしても身構えてしまいがち。執筆の小山先生は「英語が上手くなくても大丈夫」と言います...

  •  0
  •  -