第55回日本リハビリテーション医学会学術集会に参加

西日本豪雨により被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。

6月末、福岡で開催の全国学術集会に行ってきました。梅雨真っ只中、激しい雷と豪雨と蒸し返す暑さの晴天の織り成す天気でした。九州勢の頑張りもさることながら、中でも2年前に深刻な震災にあった熊本の医療圏の活躍には何かしら安堵というか励みを感じました。

何事においても天変地異の前では成す術がない状況に追い込まれますが、医療圏の復活というのは要求される規模が半端ないので、日頃より医療体制への被害を最小限に抑えられないか、失われるのは何か、あるいは新たな発想でもって体制がよりよく生まれ変わり得るような融通さが求められるのだろうかと、思いました。

被災地でもようやく雨が降りやんだようですが、二次災害など出ることなく復旧作業が安全に進みますよう願っております。

0 Comments

Leave a comment