FC2ブログ

よく訊いているか?

改めて考えてみますと、コミュニケーションとは、話す立場と聞く立場の両者がいないと成り立ちません。そして、我々は、自分がされたように相手に対して振舞うものです。

つまり、自分がしっかりと話を聞いていたら相手もしっかり聞いてくれるし、適当に聞いていたら適当に聞かれます。だからこそ、自分が話を聞く姿勢はとても大切であるといえます。

「きく」ということには、「聞く」「聴く」「訊く」の3種類あると言われてます。
「聞く」とはあくまでも音として捉えることです。音楽がなんとなく流れているのと変わりません。

「聴く」とは理解に努めているときの姿勢です。傾聴の姿勢といいますが、心も体も前のめりで話を聞いているときが「聴く」です。

では、「訊く」とは何でしょうか?ここには尋ねるという意味合いが含まれます。「それで?」「だから?」「どうしたの?」と、相手の話を興味津々に尋ねながら聞く姿勢を言います。聞かれてもいないことを話すのはハードルが高いことも多いですが、聞かれたことを話すのはとても話しやすいはずです。

この尋ね聞くという姿勢が、相手をよりオープンにして信頼関係を築いていくきっかけとなっていくようです。たま~には、メタ認知的に自分のコミュニケーション姿勢を振り返ることも有意義だなあ~と思いました。
よく訊いてるか

引用;自分を安売りするのは“いますぐ”やめなさい。岡崎かつひろ著。きずな出版

0 Comments

Leave a comment