FC2ブログ

そこには、人を大切にするというカルチャーがありますか?

突然ですが、皆さんは、部下を叱ってますか。それとも怒ってますか。
このご時世、叱ってもいいとは思いますが、怒らない方が良さそうです。

基本的には、叱るというのは、それをいうのは自分にもリスクがあるけれども、相手の成長のために、そのリスクを越えて、相手に正直にネガティブな内容を直言するということです。ですからスタンスはFor you(あなたのために)です。

一方、怒るというのは、相手が自分の思い通りにならないために、自分の中に起こった苛立ち、ざわつきを解消しようと感情を相手に向けて爆発させてしまうことです。ですからスタンスはFor me(私のために)です。

このご時世、部下を怒るのは駄目です。まず部下との関係性が悪くなります。すると部下は辞めてしまいます。そして何よりもチームとしての業績も上がりません。だからこそ、ちゃんと叱りたいわけです。

相手のことを想い、相手の成長を願い、相手の行動上(人格上ではなく)の否を簡潔明瞭に伝え、そして期待も伝えるのです。ちゃんと叱ると相手は、“自分のことを大事にしてそれをいってくれた”、“自分のために敢えて苦言を呈してくれた”と思えるものです。

皆さんは、部下を叱ってますか。それとも怒ってますか。
そこには、人を大切にするというカルチャーがありますか?

ブログ


引用;「ほめる」技術。鈴木義幸著。日本実業出版社。

0 Comments

Leave a comment