FC2ブログ

学会機関誌に発信:英語論文の書き方

兵庫医科大学リハビリテーション医学教室から、毎年多くの英語論文が公表されています。
PubMed(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Domen-K+Hyogo)

日本リハビリテーション医学会機関誌の Jpn J Rehabil Med 4月号から毎月3回連載で、その「秘訣」が連載で公開されます。

医療に奉職する身にとって、一度はトライしたい英語論文。どうしても身構えてしまいがち。

執筆の小山先生は「英語が上手くなくても大丈夫」と言います。英語は主役でなく、論理構成と図表を助ける脇役とのことです。ホントかな...?

会員向け機関誌ですが、大きな書店で扱いがあります。ご覧ください。

unnamed_20200511090913377.jpg

0 Comments

Leave a comment