fc2ブログ

聖の青春

先日、「聖の青春」という本を読みました。
この本は29歳で夭折した村山聖という棋士の
生涯を描いたノンフィクションです。

全くもって将棋はど素人、駒の動かし方すらうろ覚えの私ですが、
書店でブルーのカバーがさわやかで妙に気になったため、
軽い気持ちでジャケ買いしてみたのですが、
これが予想以上に凄い本で。

幼いころから重たい腎機能障害により、学校にもまともにいけず、
友達と外で遊べず、暗い病院の中で過ごしていた村山さんは、
小学生の頃将棋と出会いました。
鬼気迫る勢いで将棋にのめりこみ、
病室から出られない彼に翼を与え精神の自由を獲得したのでした。

その彼が、人生をかけて望んだのが「名人」というタイトル。
一分一秒を、魂を削って火を灯すような尋常でない努力で
名人への階段を必死に駆け上ります。

そして…29歳という短い人生に幕を閉じるのでした。

生きざまも凄いですが、一人の人生をここまで細部までリアルに
表現しきった著者もあっぱれです。
久しぶりに本で泣きました。

リハビリテーションには全く関係ないですが、
専門書や教科書だけでなく、たまにはこういう全く関係のない
読書も良いですね。

リハビリテーション医療は患者さんの人間性や人生そのものと
向き合わざるを得ないところがあるので、
何事も自分の血肉にしていきたいものです。
写真_智の青春

0 Comments

Leave a comment