FC2ブログ

家屋評価

先日、家屋評価へ同行させてもらいました。療法士さん達が、患者さんの家へ行って、実際に患者さんの動作を評価するのですが、最初に知ったときは驚きました。

患者さんが自宅へ退院なさって、いざ生活を始めるとなったときに、安全に暮らしていけるのかどうか・・・家屋評価を行うことで、患者さんご本人はもちろん、ご家族・病院スタッフが一緒になって、退院にあたり何が必要かを考えていく・・・

逆に自分の方が、自分にとって必要なものをもらえる気がします。
患者さんの、自宅での生き生きとした姿を通して。
ブログ用

0 Comments

Leave a comment