fc2ブログ

エコーの講習に参加しました

まだまだ寒い日もありますが、皆さんお元気でしょうか。先日、エコーの講習会に参加してきました。その中で、経頭蓋超音波検査の紹介がありました。

本検査では中大脳動脈や脳底動脈の血流波形を得ることができ、様々な脳血流障害の疾患に有用とされています。例えば、くも膜下出血後の脳血管攣縮のスクリーニング、脳卒中後の予後予測、認知症の重症度評価などへの有用性が報告されています。

講習後、実際に自分のこめかみにプローブをあて、中大脳動脈の血流評価をしてみました。
今のところ明らかな異常はなさそうです。実臨床ではまだ汎用されていない印象ですが、リハビリテーション領域含め、今後活用の場が広がってくるかもしれません。


TCD.jpg


0 Comments

Leave a comment