趣味とリハビリテーション医学

先日、東京虎ノ門でのリハ栄養の講演を聴講してきました。おそらくは、医師よりも療法士さん、看護師さん、栄養士さんがほとんどを占めるフレッシュな雰囲気でした。(ちなみに実際に隣に座っていた方は管理栄養士さんでした。)

講演では特に、『栄養はバイタルサインの一つ』、『栄養ケアなくしてリハなし』、『リハなくして栄養ケアなし』、『脳卒中後の嚥下障害の原因が、麻痺ではなく、嚥下筋のサルコペニアであるケースが明らかとなっているSporns PB,et al.J Am Med Dir Assoc.2017』との考え方やエビデンスなどが印象に残りました。
また、多職種での協働が欠かせないと療法士や看護師や管理栄養士からの報告があり、改めて多職種が絡むリハビリ医療の現場を認識致しました。

リハビリテーション医学が関連する分野は多岐にわたり、学会・研究会・研修会はそれこそ星の数ほどあります。私としては、将来的にも、内科から転科した自分の強みを活かせて、趣味みたいに関われそうな分野にめぐり逢いたいので、これからも様々な会に参加して勉強していきたいと考えてました。。。

リハ栄養

0 Comments

Leave a comment