経験によって見えてくる自分の将来像


4月から急性期の大学病院で勤務しはじめて、ようやく慣れてきた感じがします。大学では他科依頼(他科の先生から依頼をもらってリハ処方をする)が中心で、リハ科のベッドはないため、昨年とは違って回復期で主治医として働く様子とは少し違います。

リハビリについてしっかり勉強できるのが大学のメリットかと思います。色々な働き方ができるのがリハビリ科の特徴的なところですが、私自身は回復期の方が好きかなと最近思います。内科的な管理が好きだからでしょうか。

回復期の主治医として、リハビリが順調にできるように患者さんの体調を整えるのは、やりがいがあります。大学でしっかりと研鑽を積んで、より成長した回復期の主治医として働けるよう、日々頑張ります!

0 Comments

Leave a comment