ハシレ、ヤマナカシンヤ

先日大阪開催の、とある学会で聴講した、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)所長の山中伸弥教授の、話の面白さが半端なかったので、今回は『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた;聞き手・緑慎也(講談社+α文庫)』を御紹介させて頂くこととします。

2012年ノーベル生理学・医学賞受賞後もiPS細胞用いた臨床研究はさらに進行しているとのこと…【加齢黄斑変性,パーキンソン病,血小板作製,重症心不全,脊髄損傷,筋委縮性側索硬化症,アルツハイマー病,軟骨無形成症などなど】。今迄なら到底不可能と思われたことでも「理論的に可能なことはいずれ必ず実現する」という山中伸弥先生の信念通りに成って欲しいと応援したい気持ちになりました。

また山中伸弥先生は、いま研究者であると同時にCiRA所長でもあり、運営責任者としても活躍されてます。iPS細胞研究成果を一日も早く社会に還元する目的で、優秀な人材確保や知的財産権取得が必要なために、安定した研究費や運営費の確保が欠かせず、CiRAでは多くの方々から寄附を募っており、山中伸弥先生が大阪や京都のマラソンを走るのは「iPS細胞研究基金」への支援を呼び掛けるためでもあったとのことでした。暗中模索の道なき道を突き進むトップランナーの想いが少し垣間見えた気がしました。

山中教授

0 Comments

Leave a comment